去る6月、さくら女子中学校の支援活動の一環で、現地から生徒4人と副校長、そして事務長の6人を日本に招聘しました。
期間は6月7日から18日、日本を学び、楽しみ、大勢の支援者たちと交流し、そして12日間の旅を終え、成田をあとにしました。到着の翌日(8日)から息つく暇もなく、日本の中高等学校(学習・交流)、支援企業(表敬訪問)、工場等の施設見学、それに観光も少し、沢山の「日本」を感じとってもらう招聘スタディツアーとなりました。


学校との交流では、郁文館学園(文京区)、MIHO美学院(滋賀県信楽)、湘南学園(神奈川県藤沢)、桐蔭中学(神奈川県横浜)、そして企業訪問と施設見学では、住友化学(中央区新川)、NHK(渋谷区)、トヨタ産業技術記念館(名古屋市)、コーセー本社(中央区日本橋)、ロッテ工場(埼玉県浦和)です。

プログラムの最終日となる17日には100名に近い大勢の支援者・関係者との交流懇親会が開催されました。