「キリマンジャロの会」が設立され、一般社団法人として登記・承認されました

立教大学セカンドステージ大学で岩男壽美子担当の「アジア・アフリカの貧困とNGO」の履修者を中心に、さくら女子中学校を支援するグループ「キリマンジャロの会」が5月に結成されました。7月には立教大学教授の萩原なつ子さんが参加され、「キリマンジャロの会」を一般社団法人にすることが決まりました。早速会の定款を作り、法務局に登記を申請して受理されました。本会は会員が運営し、理事会を開催しないことになっていますが、登記にあたり、5名の理事(代表岩男壽美子、副代表萩原なつ子、赤津晃子、広中和歌子、田中由美子)を選任しました。熟年の会員は多彩な能力や豊富な人生経験の人材が集っており、このホームページも会員の力でできあがったものです。